前へ
次へ

五輪の記念切手も人気を集めている

旅の思い出にもなる海外切手をコレクションする人が増えています。そうした切手も買取してくれるのが専門業者で、古い切手は市場価値で買取しますが、魅力的な絵柄も海外切手には多く、映える切手を欲しがる女性、こうした需要もあり、比較的金券ショップ同様の買取額です。海外切手にも記念切手は多く、世界遺産に登録された記念に、五輪の記念に、こうした切手も年代問わず人気を集めています。日本も2020粘に近くなれば、五輪の記念切手が発売されるのではないのか、コレクターの間で話題となっています。自分の場合には、1964年の寄付切手を買取してもらったことがあります。知人からコレクションブックを頂いたのですが、手紙や葉書を書くことも少なく、保管も煩わしくなり、買取サービスを利用しました。第18回の競技記念で、その当時の競技絵柄がレトロに感じられました。馬に跨がる馬術競技、フェンシングや重量挙げなどもマニア向けで、5+5の切手から10円切手まで買取して頂きました。

Page Top